ムベの人工授粉をしました。今年こそ多くの実がなりますように。

ヨシ造の家の庭に植えてあるムベが、今年もたくさん花をつけました。たくさん花を付けますが実はあまりなったことがありません。

ムベの花

ムベとは

ムベは、アケビ科ムベ属のつる性の植物です。秋にアケビに似た実をつけますが、ムベの実はアケビの実の様に熟しても割れません。又、ムベは常緑樹ですが、アケビは落葉樹です。ムベ、アケビとも雌雄同株で雄花、雌花をつけますがアケビは、自家不結実性ですがムベは自家結実性である為、一本でも実が付くとされています。

ムベの実がならない

ヨシ造の家のムベは、自分の家にムベを植えている知人が採れた実から種を撒いて育てた苗を頂いたもので、苗を植えて10年以上経ちますが、毎年2~3個の実しか付いたことがありません。知人の話では人工授粉を行うと20~30個程度の実がなるとのことでしたが、ヨシ造はいままで人工授粉をしたことがありませんでした。理由は2年前までは、ムベの木の前で日本ミツバチを飼っていたので、ムベの花には沢山の日本ミツバチが訪花したいたので、授粉していないとは考えられなかった為です。結実しないのは、他に理由があると思っていました。ところが2年前に日本ミツバチが、スズメバチと外来種のダニの被害に遭い全滅してしまったので、今年は人工授粉をすることにしました。

ムベの人工授粉

苗を頂いた知人の話では、花をよく観察すると雄花と雌花は一目瞭然だから雌花のメシベにオシベを授粉されたら良いとのことでしたが、実際に行うとかなり難儀な作業でした。雄花と思われる花ばかりで雌花が、なかなか見つかりませんでした。やっと雌花を見つけると本当に全然違う形状であることが解りましたが、圧倒的に雌花が少ないです。全部の花の99パーセントが雄花という感じでしょうか。結局10輪程しか雌花を見つけることが出来ませんでした。

雄花

雄花です。一本のオシベがあります。

雌花

雌花です。三本のメシベがあります。

ムベの実がならない訳

人工授粉をするまでは、ムベの雄花と雌花の割合がキュウリの雄花と雌花の割合程度と考えていましたが、全然違いました。これだけ雌花が少なければ虫による授粉では、2~3個しか出来ないのは当然でした。考えられる原因としては、剪定が下手な為、枝が繁茂し過ぎているのではないかと思われます。今冬には剪定をしっかりして枝をすかして適度な施肥を行い来春の雌花の数を観察したいと思います。

 

 

コメント